業務内容

グリーン購入
法人のお客様

法人のお客様

戦略的コスト削減からブランディングまで

グリーン購入

グリーン購入の必要性を考慮し、お客様にあった購入方法をご提案いたします。

2001年グリーン購入法の施行により、年々関心が高まってきたグリーン購入。当初は企業イメージの向上を目的とした任意的なものでしたが、企業取引やCSRの視点から、グリーン購入への取り組みは益々必須となっています。今、地球温暖化をはじめ、オゾン層破壊、砂漠化、大気・水・土壌の汚染、廃棄物の増大など、環境問題は深刻です。その原因の多くは、豊かで便利な大量生産・大量消費・大量廃棄による使い捨て型社会の構造にあるとされています。その解決には環境負荷の少ない持続可能な社会を構築することが必要です。

グリーン購入
メリット
グリーン購入が与えるメリット

・社員の環境意識の高揚
・従来商品からの代替が容易
・全ての部門で取り組める

・対外的な企業のイメージアップ
・購入見直しによるコスト削減
・市場に環境対応商品が普及しており着手に時間がかからない

ホップスのグリーン購入サポート

オフィス用品購買の一元化

ホップスがご提供するグリーン購入システムはインターネットを利用したオフィス用品購買の一元化を実現します。これによって、全社的に「すぐに」「統一した内容」でグリーン購入に取り組むことができ、環境配慮商品の選定や実績管理など現場の負担を軽減します。
また、阪急阪神ホールディングスグループでもグリーン購入による環境負荷の低減だけでなく効果的にグリーン購入数量を把握する手段としてホップスのグリーン購入システムを推薦しています。

グリーン購入の「実績把握」と「目標設定」をサポート

社員に環境活動の啓発を促すうえでも、現状のグリーン購入の実績把握と、目標値の設定が重要になります。ホップスでは、グリーン購入システムを活用することで実績情報をご提示し、新たな目標設定のお手伝いができます。
また、各事業所単位での実績把握も可能ですので、それぞれの状況に応じたグリーン購入目標の設定をお手伝いすることができます。

グリーン購入に関する普及推進活動をお手伝い

将来にわたる環境活動の継続には、社員一人ひとりの環境意識の向上が重要です。ホップスではグリーン購入活動を通じて、従業員皆様の意識向上への教育活動を実施することができます。
また日々の環境活動への取り組みを効果的にPRするためのノベルティ作成等様々な面でご支援します。

ホップスがご提供するオフィス用品購買システムのご紹介
ホップスがご提供するオフィス用品購買システムのご紹介

将来にわたる環境活動の継続には、社員一人ひとりの環境意識の向上が重要です。ホップスではグリーン購入活動を通じて、従業員皆様の意識向上への教育活動を実施することができます。
また日々の環境活動への取り組みを効果的にPRするためのノベルティ作成等様々な面でご支援します。

ホップスでは各種団体が認定した商品を取り扱っています

私たちのまわりにある様々な商品の中で、ホップスでは環境負荷が少ないなど各種団体が認定した環境保全に役立つと認められる商品を取り扱っています。したがって環境配慮商品の選定においても、お客様のニーズにあった商品選択が可能です。

エコマーク

財団法人日本環境協会の認定商品(環境に配慮した製品に表示されています)。「私たちの手で地球を、環境を守ろうという気持ち」を表し、環境対応商品を選ぶ際の目印として広く活用されています。

エコマーク
GPN掲載

グリーン購入ネットワーク(GPN:Green Purchasing Network)が発行する「エコ商品ねっと」にメーカーの判断で選び掲載している商品です。GPNは環境に配慮した商品のデータベース化など、グリーン購入の普及啓発を行っています。

グリーン購入法

グリーン購入法の第6条に定められた特定調達品目およびその判断基準に合致した商品です。国等の機関が率先して環境負荷の低い物品の調達を推進し、グリーン購入への取組みの輪を広めることが目的です。

ホップスのグリーン購入割引

ホップスでは、コクヨと阪急阪神ホールディングスグループ全体のグリーン購入取引を条件に価格交渉を行っておりますので、特別な割引価格をご用意しております。
取引規模が大きくなれば更なる割引も可能です。オフィス用品のご購入はホップスをご検討ください。

阪急阪神ホールディングス グリーン購入基本原則

購入の必要性を十分に考慮し、品質や価格だけでなく環境のことを考え、環境負荷ができるだけ小さい製品やサービ スを、環境負荷の低減に努める事業者から優先して購入すること。

●必要性の考慮

購入する前に必要性を十分に考える。

●製品・サービスのライフサイクルの考慮

資源採取から廃棄までの製品ライフサイクルにおける多様な環境負荷を考慮して購入する。
(1)環境や人の健康に影響を与えるような物質の使用や排出が削減されていること。
(2)資源やエネルギーの消費が少ないこと。
(3)再生可能な天然資源は持続可能に利用していること。
(4)長期間の使用ができること。
(5)再使用が可能であること。
(6)リサイクルが可能であること。
(7)再生材料や再使用部品を用いていること。
(8)廃棄されるときに適正な処理・処分が容易なこと。

●事業者取り組みの考慮

環境負荷の低減に努める事業者から製品やサービスを優先して購入する
(1)組織的に環境改善に取り組むしくみがあること。
(2)省資源、省エネルギー、化学物質等の管理・削減、グリーン購入、廃棄物の削減などに取り組んでいること。
(3)環境情報を積極的に公開していること。

●環境情報の入手・活用

製品・サービスや事業者に関する環境情報を積極的に入手・活用して購入する。
【購入対象分野】
事業及び事務の全ての分野で購入する部品、原材料、用品並びにサービス等を対象とする。

【環境と経済の両立】
「必要性の考慮」を重視した工夫に努め、「コストアップ」の影響を極力抑える。

【継続性の配慮】
グリーン購入の必要性が十分に浸透しグループ全体に継続して取り組みができるよう、必要に応じて運用方法の検討 や見直しを行い、改善に努める。
(1)実績の取りまとめ
(2)実施内容(購入対象分野、購入基準、購入方法、購入手順や体制、目標値の設定等)

当サービスのお問い合わせ

グリーン購入をご検討の方は
株式会社ホップス(グリーン購入ネットワーク【GPN】会員)までお問い合わせください!!

東京本社
〒105-0004
東京都港区新橋3丁目3番9号 KHD東京ビル4F
0120-151-861
大阪支店
〒530-0001
大阪市北区梅田2丁目5番25号 ハービスOSAKA14F
0120-039-120
お問い合わせはこちら
旅の通販サイト ホップスモール